「タバコは20歳になってから」の本当の狙い

 喫煙習慣は大人になってからのものではなく、未成年に始まることがほとんどです。日本赤十字社和歌山医療センター 池上達義先生の2001年の調査では、現在の喫煙者のうち20歳までで90%、25歳までで98%の人が喫煙開始したとのデータがあります。米国では、18歳までに80%が喫煙を開始しているとのデータもあります。 つまり、喫煙は子どもの習慣なのです。
 

 吸い始めるのが20歳未満が普通なわけですから、タバコ会社のマーケティングでは当然、子どもを狙ったものとなります。

 ところで、「未成年者喫煙防止推進協議会」という団体が、「タバコは20歳から」「未成年者の喫煙防止にご協力を」などとキャンペーンをしています。この「未成年者喫煙防止推進協議会」は「たばこ販売協同組合」が中心となって、全国の主要都市での未成年者喫煙防止啓発イベントを実施しています。イベントでは、街頭での呼びかけ、啓発訴求ポケットティッシュの配布などをしています。


 一見、良い事をしているような気がしますが、タバコ業界が中心の活動です。さて、何のために彼らがしているのでしょうか?

 実は、タバコの販売促進のためにしているのです。未成年喫煙防止なのになぜと思われたでしょうか?
 
 じつは、このキャンペーンでは、2つの心理作用が利用されています。

 一つ目は、カリギュラ効果です。 「禁止されるとかえってその行為をやってみたくなる心理」のことです。

 二つ目は、青少年期特有の心理として、背伸びをしたい、早く大人になりたいという共通した心理傾向があります。「タバコは20歳になるまで吸ってはいけない。これがルール」という広告は、子ども達にかえって吸いたい気持ちにさせてしまいます。 


 また、タバコ業界は未成年喫煙防止キャンペーンを利用し、「タバコは大人になってから」というメッセージを子供たちに伝えていますが、ニコチンの依存性やタバコの害に関する情報は一切伝えないのです。単なるタバコの宣伝となっているのです。

 このことは、タバコ会社の内部文書にも書いてあります。

1) TIOJ (日本たばこ産業) Minors(未成年者) キャンペーン
未成年喫煙防止キャンペーンは、公衆衛生についてではなく、未成年非行防止のため
規則の妥当性ではなく、規則を守る事を強調することで、未成年の共感を勝ちとる戦略。
ポスターは巧妙に自由と規則を組み合わせている。
http://legacy.library.ucsf.edu/tid/cpd42e00/pdf
http://legacy.library.ucsf.edu/tid/dpd42e00/pdf

2)「若者にとってタバコを吸い始めるという行為は、象徴的な意味もあります。すなわち『オレはもうおふくろべったりのガキじゃねえ。タフで、命知らずで、イケてる・・』といった具合です。いずれにせよ、こうした心理的な動機づけが薄れていったとしても、今度はタバコの薬理学的な作用が働くようになり、禁煙は困難になるわけです。」(フィリップモリス社 1969年)

3)「ブランドのプロモーションでは、”仲間意識”や”連帯感”、そして”親密感”といったイメージを強調していく。一方で、”個性”や”自己の尊重”といったイメージも付けていくのだ」(RJ レイノルズ社 1973年)」


4)「タバコ産業には最優先で処理すべき問題がある。それは、子供たちに喫煙させないといった教育的な配慮をみせつつ、まだタバコを吸っていないひとびとがタバコを吸い始めるように仕向けることで
ある」(ブラウン・アンド・ウィリアムソン1973年) 

                              2), 3), 4) 『悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実』より

<参考>
1) 『悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実』
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4822243427/kinen0e3-22

2) Iida K, Proctor RN. Learning from Philip Morris: Japan Tobacco's strategies regarding evidence of tobacco health harms as revealed in internal documents from the American tobacco industry. Lancet. 2004 May 29;363(9423):1820-4.
http://download.thelancet.com/pdfs/journals/lancet/PIIS0140673604163101.pdf?id=eaaT1FRyYiNKogEXwvqtu

3) The TIOJ. TIOJ Minors Campaign. Oct 13, 1993; Bates #2022810553/0556 (Philip Morris document).
http://legacy.library.ucsf.edu/tid/cpd42e00/pdf
http://legacy.library.ucsf.edu/tid/dpd42e00/pdf

4) JT主導の「未成年者喫煙防止キャンペーン」と称する偽装したタバコ販売促進戦略にだまされないでください
http://www.nosmoke55.jp/action/0704jt_under20.html

5) JT, 及び販売組合の未成年喫煙防止広告の連名中止の要請
http://www3.ocn.ne.jp/~muen/tobaccoless/youbou/miseinenbousikoukoku0107.htm