メディア掲載

ABC (朝日)放送                                                                         

ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です

アステラス製薬・健やかライフ

2015年8月24日(月)~2015年8月28日(金) 『肺がん』

 

山陽新聞

1. ソーシャルメディアで禁煙呼び掛け 岡山済生会総合病院の川井医師  

2. “禁煙センセイ”効果発信 川井医師

3. 禁煙治療の進め方 岡山済生会総合病院の川井医師に聞く

パッチうまく利用を 仕事一段落や長期休暇 開始日選択も大切  

http://medica.sanyonews.jp/article/390

2007/7/11掲載

朝日新聞

1. つぶやく禁煙センセイ 岡山、フォロワーら約5万人

2. 肺の病気「COPD」

せき・痰兆候 欠かせぬ禁煙

『いったんCOPDになると、健康だった頃の肺には戻れない。進行を遅らせたり症状を改善させたりする治療が中心になる。
 まず、禁煙が欠かせない。岡山済生会総合病院の川井治之内科主任医長(呼吸器内科)は「COPDの患者が禁煙すると、その後の症状の進行を効果的に遅らせることができる」と話す。
 薬で呼吸しやすくする治療もあり、狭くなった気管支を広げる吸入薬や肺胞の炎症を抑える吸入薬などが使われる。息切れする場合は、肺の負担を軽くするために腹式呼吸を身につけたり、口をすぼめて呼吸する訓練をしたりする。
 重症になると、自力呼吸だけでは酸素が足りなくなる。外出や入浴の時も苦しくなるなど、生活の質も著しく下がるため、鼻に細い管を差し込み、酸素を送り続ける在宅酸素療法が必要になる。
 「40歳を過ぎてせきやたんが続くようなら、呼吸器内科のある医療機関で肺年齢を調べて欲しい。何より、ぜひ禁煙を」と川井さんは呼びかける。』
2014/9/29 朝日新聞東京版夕刊掲載

マイナビ スチューデント 就活スタイル

就活「燃えてきた!」→「燃え尽きた...」やる気が継続しない謎に迫る

禁煙センセイに聞いた!「タバコとやる気の関係性」

https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/224

2014/12/10 掲載

医療介護CBニュース

禁煙センセイの患者のためのネット活用術 2013年02月28日

1. SNSで医療情報を22万人に

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/39321.htm

2. まず、FBから始めよう

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/39516.html

3. SNSのトラブルどう対処する?

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/39726.html